ナミのダイエット奮闘記はこちら⇒

野菜ジュースが「ダイエット効果なし」と言われる理由

こんにちは!ナミです。

野菜ジュースは手軽に栄養が摂れて、とても便利な飲み物ですよね😊

一方でダイエットに取り入れる場合は、うまく取り入れないと効果がないと言われることもあります。

わたしなりに、野菜ジュースが「ダイエット効果なし」と言われる理由について考えてみました!

スポンサーリンク


市販の野菜ジュースは甘く飲みやすくなっている

市販のジュースは誰でも飲みやすくするために、果物多め&野菜少なめにして、甘く作られていることが多いです。

あまり野菜ジュースに頼りすぎると、糖質を摂りすぎてしまうので、ダイエットでは気をつける必要があります。

食物繊維が少ない

生の野菜を食べるのと比べると、野菜ジュースは口当たりを良くするために食物繊維が少なめになっている場合がほとんどです。

なので、野菜ジュースを飲んで「よし!これで野菜を食べたのと一緒だ!」と安心するのは危険なんです⚡

もし「野菜○○個分!」と書かれていても、野菜そのままの食物繊維量を摂れるわけではないと思っておくといいかもしれません。

スポンサーリンク


ビタミンCなどの栄養が飛んでしまう

市販のジュースは、ほとんどの場合加熱する工程があります。

その過程でビタミンCなどの熱に弱い栄養が失われてしまうのも、栄養を摂るという点で弱いポイントかなあと思います。

個人的には「ジュースにするなら野菜ジュース!」という感じで、普段の栄養の補助として飲むのがおすすめです😊

血糖値が上がりやすいので太りやすい

噛む必要がない分、体に早く吸収されるのも野菜ジュースの特徴。

すると血糖値が上がりやすくなるので、おのずと太りやすくなってしまいます⚡

それ以外にも血糖値が上がりやすいと「糖化」を招くので、見た目が老けやすくなるのも無視できないところ。

もし、血糖値を上げないことだけ考えるなら、野菜をそのまま食べた方が断然いいです💓

ダイエットのためではなく栄養補給として飲むのがいい

特に忙しい人にとって、野菜ジュースは栄養を補給する味方だと思います。

実際に甘い炭酸飲料やジュースを飲むのに比べれば、野菜ジュースを飲んだ方が何倍も体に栄養が行き渡るでしょう💡

でも、ダイエットにために良かれと思って野菜ジュースを飲むのは、逆効果になる可能性があるので考え直す必要があると思いました。

野菜ジュースは普段補えない栄養を補助的にサポートはしてくれても、「栄養はこれで完璧✨」とはなりません。

血糖値の上がり方や糖質、塩分量から見ても、市販の野菜ジュースを使うだけでダイエット効果を期待するのはとても難しいことです💔

もしジュースでダイエット効果を期待するなら、当たり前かもしれませんが、普段の生活習慣や適度な運動とあわせて取り入れるのが一番

糖分や塩分の少なそうなものを選んだり、食事と一緒に飲む飲み物として置いておくのがいいと思いました😊

少しでも参考になれば嬉しいです♪

朝飲むなら、手作りも簡単でおすすめ♡