ナミのダイエット奮闘記はこちら⇒

睡眠不足はコレで解決!専門家が教える☆睡眠不足解消ストレッチの方法

あなたはベッドに入ってからなかなか寝付けないことはありますか?

わたしは夜になるほどお仕事が調子に乗ってくることがあり、そういう時はつい夜更かしをしてしまいます(´・ω・`)

そうやってうまく睡眠がとれないと、結局翌日の仕事がボーっとしたり、疲れがたまりやすくなってどんどんしんどくなるんですよね😢

これを読んでくれている人の中にも、寝たくて顔まで布団にもぐったのに、

「頭がさえて考えごとをしてしまう…」
「体は疲れてるはずなのになぜか眠れない…」

と悩んでいる人は少なくないかもしれません。

そこで今回はベストセラーにもなった「1万人を治療した睡眠の名医が教える 誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法」の著者・白濱龍太郎先生が提案する、睡眠不足解消「ズボラストレッチ」の方法をご紹介します💡

女性にとって睡眠は美容やダイエットにも影響することなので(詳しくはこちらの記事を読んでみてください👇)、少しでも寝不足が良い方向へ向かえば幸いです😊

睡眠時間が短くても長くても太る!?睡眠不足・過多とダイエットの関係

名前のとおり本当に簡単なストレッチなので、ぜひやってみてください♪

スポンサーリンク


ストレッチのタイミング

このストレッチは、1日に3回行います💡

  1. 夕方18:00頃:肩甲骨周りのストレッチ
  2. 寝る2時間前:お風呂のストレッチ
  3. 寝る1時間半前:お風呂上りのストレッチ

理由はストレッチをご紹介した後にお話ししているので、まずは3つのストレッチの方法から見ていきましょう♪

ぐっすりズボラストレッチの方法

①夕方18:00頃:肩甲骨周りのストレッチ

ストレッチを行う前に目的と効果を確認してください。

  • 目的:こり固まった肩甲骨まわりの筋肉をほぐす
  • 効果:血行がよくなり深部体温が上がる⤴

方法は簡単です😊イスに座って行いましょう。

  1. 横に出した右手を左手で支え軽く上半身を倒す
  2. 左手で引くようにして体をひねり5秒間キープ
  3. 左右それぞれ行う

②寝る2時間前:お風呂のストレッチ

目的と効果は以下のとおりです👇

  • 目的:首まわりの動脈を温める
  • 効果:血行がよくなり深部体温が上がる⤴

お風呂で、シャワーを首まわりに当てながら1分程度行います。

  1. 両手の指を組む
  2. 親指で首の横のくぼみを優しく刺激(シャワーを当てながら1分程度)

③寝る1時間半前:お風呂上りのストレッチ

最後はお風呂上りに行いましょう!

  1. 両手のヒジを床と平行に上げる
  2. 肩甲骨を寄せるようなイメージで両手を後ろに向かって回す
  3. 両手を前に伸ばして指を組み、そのまま上に向かって伸ばす
  4. 1分間程度4~5回繰り返す

スポンサーリンク


睡眠がうまくとれないワケ

睡眠不足 解消 方法 ストレッチ1

しっかりと睡眠がとれていない原因の1つに、深部体温のリズムの乱れがあります。

深部体温とは、睡眠に深く関係している体温を指します(人間の体温には「皮膚温度」と「深部体温」の2種類あります)。

人の眠気は深部体温が1回ピークを迎えた後に下がっていく中で出てくるもので、睡眠がうまくとれていない時は、深部体温がきちんと上がったり下がったりできていない可能性があるのです。

そのため眠気を作るには夕方くらいから少しずつ深部体温に意識を向けて、やれる準備をすることが大切になります。

この準備が先ほどご紹介したストレッチなのです😊

睡眠を上手に取って疲れ知らずになろう♡

睡眠不足 解消 方法 ストレッチ

大学生までは深夜まで起きていても平気だったのが、今は1日ちゃんと眠れなかっただけでとても疲れやすく顔に出るようになりました(´・ω・`)

最近はそろそろ睡眠のことも考えた生活を送らなければいけない年頃だと思い、こういう睡眠ストレッチなどもよく参考にするようにしています♪

睡眠不足でお悩みの方はぜひ試してみてください😊

わたしも疲れ知らずな身体を目指してがんばります!

参考紹介してくれた白濱先生についてはこちらをご参照ください👇