ナミのダイエット奮闘記はこちら⇒

学ぶスイッチ/美髪のプロが使うシャンプーは1000円以下のコレ!櫛や油、ドライヤーも♪

こんにちは!ナミです。

今回は最近好きでよく見ている、TBSの「なかい君の学スイッチ」に登場した、プロのヘアパーツモデルさんが自宅で使っている美髪ケアについてのご紹介です💡

実際に使っているシャンプーや“三種の神器”と呼ばれるヘアケアに欠かせない3つのアイテムなど、どれもとても参考になりました♪

わたしはヘアケアというとスキンケアより手を抜いてしまうのですが、周りのキレイな友だちやモデルさんは「ヘアケアこそ力を入れた方がイイ!」と言うので気になっていました(´艸`*)

すぐに手に入るものが多いので、ぜひ読んでみてください💙

もうひとつ、1000種類以上のシャンプーを試したプロが驚いたという薬局で買えるシャンプーについても書いているので、こちらもよければご覧ください👇

学ぶスイッチ/シャンプーソムリエが驚いた!薬局で買える実力派シャンプー

スポンサーリンク


美髪のプロが教える!ドラッグストアでも買えるシャンプー

学ぶスイッチ シャンプー4

実は数名しかいないという、CMや雑誌で活躍する髪のパーツモデルさん。

その1人である、淵江真由美さんが家で使っているシャンプーがキュレルです!

キュレルと言えばドラッグストアでよく見かける、価格が抑えめなイメージ。

良い髪を作るとなると「高いものを使わなきゃ」と思ってしまいますが、キュレルは低価格でも肌荒れしにくい低刺激のシャンプーで、赤ちゃんにも使えるほどやさしい成分で作られているのだそうです✨

淵江さんの場合、乾燥性敏感肌で頭皮のかゆみやフケが悩みだったのが、キュレルのシャンプーを使ってから頭皮環境がかなり改善といいます。

お風呂場で水をかぶった状態だとツルン、仕上がりは程よくサラッとしているのだとか💓

学ぶスイッチ シャンプー3

自分の頭皮の状態に合ったシャンプー選びができれば、価格帯はそんなに気にしなくていいんですね!CMに出てくる髪が1000円以下で出来上がっているなんて驚きでした😂

スポンサーリンク


美髪を作る!ヘアケアの三種の神器

学ぶスイッチ シャンプー2

頭皮の状態が悪いと良い髪が生えてこないので、頭皮の状態を良くすることは美髪への近道です。

ここでは髪のプロである、ヘアパーツモデルさんが美髪のために使っている「ヘアケア三種の神器」をご紹介します。

意外と手に入れやすいものばかりです💓

櫛~サラサラ~

櫛は髪をサラサラにするだけでなく、頭皮の血行も良くしてくれるので、キレイな髪を育てるのに最適です。

100均などでも購入できます♪

ただし、プラスチック性だと摩擦や静電気で切れ毛の原因になってしまうこともあるので気をつけましょう。

モデルさんが実際に使っているのは「つげ櫛」という櫛✨

古墳時代から日本の女性に愛用されてきたつげの気を使用した櫛で、静電気も起きづらいものだそうです。

ドライヤー~髪を傷めない~

洗うこと以上に気を遣うのが、髪の乾かし方だというヘアパーツモデルさん。

髪を傷めないように通常の半分程度の温度で乾かせるドライヤーを使用しているそうです👇

ヒートケア60低温ドライヤー



学ぶスイッチ シャンプー1

低温で時間をかけて乾かすといいみたいです😊

オイル~ツヤツヤ&しっとり~

最後は、髪に直接なじませてツヤを出すオイル。

ヘアパーツモデルさんが使っているのは定番の「椿油」です✨

おすすめの使い方は、トリートメントに混ぜてから髪につけ、一緒に洗い流すヘアケア方法。

いつもよりしっとりサラサラになるそうなので、ぜひやってみてください♪

スポンサーリンク


美髪のため!日常生活のヘアケア注意点2選

学ぶスイッチ シャンプー

プロは日常生活でも美髪のケアをお休みできません(´・_・`)

特に普通の生活で気を付けることとして、番組で挙げていたのはこちらの2つです👇

  • 夏の紫外線
  • 冬の外の空気

ほぼ年中注意する必要があるということですね😂

美髪のための対策

  • 夏は紫外線で色が抜けやすくなったり、切れ毛や抜け毛、頭皮の傷みの原因になってしまうので、人より大きめの日傘をさす
  • 冬は外の空気にあたると静電気で髪が広がったり乾燥してしまうので、ストールを頭に巻く

夢のようなサラサラヘアで街を歩こう✧˖°

髪のキレイな女性って後ろ姿が凛としていて憧れます🙈💓

最近になって、髪は肌と同じくらい美人の基準として見られているんじゃ…と思うようになりました。

すでにケアをしている人はもちろんですが、これからケアをはじめようと思っている人は今回の記事が少しでもお役に立てばうれしいです😊

わたしもツヤ髪をつくりたい真っ最中なので、また「これは!」と思うものがあったら書きます!